ぷるっとハリ!ナイトクリームでうるおいハリ肌になるって本当?


若い頃にはぷるっとしたハリのある肌をしていたはずなのに、あれから20年も経つと、たるみがちな肌となり、お化粧のノリも悪くなったと悩んでいる方があれば、ナイトクリームを使うことをおすすめします。

ナイトクリームは文字通り、夜専用の美容クリームのことですが、日中用とどこが違うのかと思っている人は少なくありません。
ナイトクリームは、こってりした油分が多いテクスチャーの中に、コラーゲンやコエンザイムQ10などの、たっぷりの美容成分が配合されているのが特徴です。
肌への密着度が非常に高く、塗った瞬間にフタをして、水分を逃さないように閉じ込めながら、寝ているあいだに美容成分をぐんぐん吸収して、うるおいを与えることが出来ます。
加齢により、乾燥しやすくなった肌には効果があるので、ハリや弾力を取り戻したいときは使うようにしましょう。

朝に使うにはちょっとべたつき度が高いテクスチャー


それほどまでに保湿効果が高いなら、朝もナイトクリームを利用したいという方もありますが、油分が多いテクスチャーなので、日中はべたつきやすくなります。
ファンデーションがよれやすくなったり、テカリが目立つこともありますし、毛穴の詰まりの原因にもなるので、日中ではなく、夜寝る前に使うようにしてください。

紫外線や乾燥、排気ガスなど、日中に受けたお肌のダメージを修復しているのは夜なので、ナイトクリームを使えば、お肌の生まれ変わりをサポートすることが出来ます。
お肌にナイトクリームを塗ってから寝ると、寝ているあいだに修復が終わり、ぷるっとしたハリがよみがえっています。
朝起きたときには肌の調子が整っていて、お化粧のノリも良くなるので、ナイトクリームやプロテオグリカンなどの原液を利用するときは、早めに布団に入って就寝するようにしてください。

 

美肌に必要な成長ホルモンが多く分泌されるのは、午後10時〜深夜2時のあいだということがわかっています。
この時間帯にぐっすり寝ていると、成長ホルモンの分泌量が増え、コラーゲンやヒアルロン酸がたっぷり生成されるので、毎日続ければ、プルプルした肌になれるでしょう。

お肌のゴールデンタイムと美肌の関係は?

お肌のゴールデンタイムをご存知ですか?
ゴールデンタイムとは眠り始めてから3時間と言われており、その時間はお肌が生まれ変わる為に重要な時間です。

お肌はおよそ28日サイクルでターンオーバーを繰り返しており、良質の睡眠をとることはそのターンオーバーとは切っても切れない関係にあります。良質の睡眠をとることでストレスも解消されますので、活性酸素が除去され美肌になることが可能になります。

 

ゴールデンタイムに良質の睡眠がとれていない場合は、疲れが取れないためストレスがたまりますし、血行が悪くなりむくんだり全身のリンパの流れが悪くなりますので肌のトラブルのもととなります。
ゴールデンタイムに良質の睡眠をとることで肌は正しいターンオーバーを繰り返すことになり、ふっくらとハリのあるニキビやシワ、毛穴の気にならない肌を目指すことが出来ます。
そのため、お肌の為に早く寝るというのは間違いではなく、一般的には10時くらいまでに寝るのが効果的です。

お肌のゴールデンタイムに質の良い睡眠取るためには?

お肌のゴールデンタイムに質の良い睡眠をとる為に必要なのがリラックスすることです。
そのためには入浴時にあまり熱すぎるお湯につからないのがポイントです。熱すぎるお湯は交感神経が優位になってしまい、眠る時にリラックスできなくなってしまうことがあります。
熱めのお湯が好きでも少しぬるめにするように心がけ、なるべく毎日湯船につかって全身の疲れを取るのが良いでしょう。

 

又、リラックスする為にアロマテラピーが効果的です。
特にラベンダーは安眠効果がある香りですのでアロマライトにエッセンシャルオイルを垂らしたりアロマキャンドルなどを利用して眠る前に良い香りをかぐことが出来る環境を作るのがおすすめです。
スマートフォンやテレビなど、明るい画面を眠る直前まで見ているのも良くありません。どうしても必要な時には短時間にとどめ、あまり明るくなりすぎないように画面を調整してみるようにすると、ゴールデンタイムに質の良い睡眠がとれます。